世界の通貨いろいろガイド〜安全性の高い通貨は?〜

世界の通貨いろいろガイド〜安全性の高い通貨は?〜

生のハナシをモットーに、外貨について体験談を交えながら初心者の方にも分かりやすく外貨を紹介しているサイトです。
ぜひ、外貨を始めてみようと思っている方に、外貨経験談を読んで頂き、貴重な情報をGETしちゃってください。
詳しくは↓の一覧からどうぞ。。。

初めに外貨についてご説明します

世界には、色々な国があります。
国連に加盟しているだけでも、百カ国以上の国があり、独立を宣言していなくても、実質の独立国のような地域なども、多数に及んでいます。
そういう国や地域などでは、それぞれの歴史があり、それぞれの文化があります。
一見、当たり前のように見える通貨も、実はそういう歴史や文化によって、培われたものと見なすことができます。

また、グローバル化の現代においては、外貨取引も活発であり、色々な通貨が専門業者などによって、取引がなされています。
実際の市場では、取引対象の通貨が決まっているため、仮にその場にない通貨は、交換可能な通貨を経て、さらに交換される必要があります。
さらに、相場の中で取引されている通貨も、他の通貨とのクロス・レートによって、交換がなされるため、相場にある通貨が、すべて取引可能であるかと言えば、そうではないのでしょう。
けれども、通貨取引がなされることで、外国為替レートが決まり、なおかつ、貿易も可能となっています。
この下地になったものは、かつてのヨーロッパ諸国による大航海時代にまで返ることができるのでしょうが、今日のようなグローバル化の芽は、第二次大戦後の国際通貨制度の創設になっているとも言えるでしょう。
それを反映しているのか、実質的な基軸通貨であるアメリカドルは、以前の固定相場制における基軸通貨であり、金を保有するために、各国はアメリカドルを保有することに、躍起となっていた時がありました。
現在は、固定相場制ではないため、基軸通貨もなく、また、金との交換も不可能です。
そうであっても、アメリカドルが外貨の指針であり、各国通貨とも、アメリカドルとの間で、自国通貨の海外での価値を計っています。

このサイトでは、こういう外貨を取り上げ、なおかつ、代表的な各国通貨の特徴などを述べています。
平易簡潔な言葉遣いになるよう心掛けていますが、お役に立つような内容であれば、なによりです。
カードローン審査にお悩みの方に朗報の新サイトがオープンしています。
Copyright (C)2014世界の通貨いろいろガイド〜安全性の高い通貨は?〜.All rights reserved.